補助金・助成金を使用した新築・リフォーム工事実例集

新築・リフォーム・リノベーションをご検討されている方は、補助金や助成金があると嬉しいですよね。最近はカーボンニュートラルを実現するために、国・各自治体から環境にやさしい・省エネ・創エネなどの効果がある工事を対象に補助金や助成金を受けられる制度があります。

ここでは、代表的な補助金・助成金のご紹介と、補助金を使用した施工例を紹介します。ぜひリフォームやリノベーション工事の参考にしてください。

尚、これらの制度を利用するにはお住まいの地域や申請時期もあります。紹介する「住宅省エネ2023キャンペーンの補助金申請は、登録業者がおこないます。後藤工務店では担当者が活用できる補助金・助成金をご案内しますので、ご安心ください。

住宅省エネ2023キャンペーン

「住宅省エネ2023キャンペーン」は、2050年にカーボンニュートラルを実現するために、家庭部門の省エネを強力に推進するために新たに創設された3つの補助事業「こどもエコすまい支援事業」「先進的窓リノベ事業」「給湯器省エネ事業」の総称です。このキャンペーンは、住宅の断熱性を向上させることや高効率給湯器の導入など住宅省エネ化を支援することを目的としています。(参考:住宅省エネ2023キャンペーン

こんな方におすすめ!

  • 補助金をつかっておトクに断熱性の高い窓にリフォームして年間の冷暖房費を抑えたい
  • 補助金をつかって子育てや家事の負担を軽減できる住まいを実現したい
  • 長く住み続けることを考えて、省エネ性能だけでなくバリアフリーも考えてリフォームしたい
  • 古くなった給湯器を環境にやさしい高効率給湯機に取り換えたい

キャンペーンの詳細

こどもエコすまい支援事業(2023年分は予算上限に達したため受付終了)

「こどもエコすまい支援事業者」と契約し、家庭の断熱や防災性向上・バリアフリー化など対象となるリフォーム工事をする場合、リフォーム箇所に応じた補助が受けられます。(「こどもエコすまい支援事業者」公式サイトはこちら

先進的窓リノベ事業

「窓リノベ事業者」と契約し、一定の断熱性能を有する高断熱窓への改修工事が対象となります。性能やサイズに応じた補助が受けられます。(「先進的窓リノベ事業」式サイトはこちら

給湯器省エネ事業

給湯省エネ事業は、家庭のエネルギー消費で大きな割合を占める給湯分野について、高効率給湯器の導入支援を行う事業です。家庭用燃料電池や給湯機の購入に対して定額が補助されます。申請は給湯器省エネ事業者がおこないます。(「給湯省エネ事業」公式サイトはこちら

こどもエコすまい支援事業の施工例

神戸市北区 H様邸リノベーション工事

・屋根断熱

・外窓交換 : 元々の窓を断熱性能の高い窓に入替しました。

・内窓取付 : 浴室に内窓を取付け、寒さを感じにくくなります。

・高断熱浴槽

・節湯水栓

・食洗器、レンジフード

給湯器省エネ事業の施工例

加東市 M様邸新築工事

加東市M様LDK2

・エコキュート設置

こちらの新築工事では加東市の働く世代補助金も対象となります。

国と自治体それぞれが行う補助金事業は併用できることもあります。

加東市働く世代補助金


   加東市では、働く世代の定住化を促進し、魅力あるまちづくりの推進を図るため、加東市内に住宅を取得した方に対し、住宅取得費の一部を助成します。

補助の対象となる方の用件

  • 申請日現在において、建物の売買契約又は工事請負契約が未締結であり、交付決定後に契約することができる者であること。
  • 申請者(申請者が配偶者を有する場合は申請者及び配偶者)の前年(申請日の属する月が4月から6月までの場合にあっては、前々年。)の年間総所得金額の合計金額が400万円以下であること。ただし、親と同一世帯の場合は、申請者の親の所得は除きます。
  • 申請日時点において、申請者(申請者が配偶者を有する場合は申請者及び配偶者)の年齢が39歳以下であること。
  • 補助金交付後、取得した戸建て住宅に10年間継続して居住すること。
  • 市税等の滞納がないこと。
  • 暴力団員ではないこと。 など

令和5年度 加東市エコハウス設備設置補助

加東市では、脱炭素社会の実現に向けて、家庭から排出される二酸化炭素の抑制及び環境への負荷が少ない省エネルギー、創エネルギー等の普及促進を図るため、対象設備を導入する方を対象に補助金を交付します。

補助対象となる方

次のすべてに該当している方

  • 自らが居住している市内の既築住宅(共同住宅は除く)に、令和5年4月1日から令和6年3月31日までの間に対象設備を契約し、設置すること
  • 加東市に住民登録があること
  • すべての世帯員が、市税等を滞納していないこと
  • 市が実施する地球温暖化対策事業、電力使用状況調査等へのデータ提供、アンケート調査等に協力できること
  • 公益財団法人ひょうご環境創造協会が実施する「うちエコ診断」を受けること

対象の設備

・ガラス(内窓設置、外窓設置、ガラス交換) : いずれかの設置にかかる費用の1/4(最大25,000円)

・高効率給湯機 : エコキュート等、エコジョーズ、エコフィール:30,000円、エネファーム:100,000円

・蓄電池 : 定置用リチウムイオン蓄電池:50,000円

神崎郡神河町若者世帯住宅リフォーム支援事業

神河町では、若年層の定住促進と活力ある町づくりを進めるため、若者世帯または若者世帯と同居する世帯に対し、住宅をリフォームする場合、その費用の一部を補助する「若者世帯住宅リフォーム支援事業」を実施します。

補助内容

住宅リフォーム(住宅の機能向上のために行う増築、改築、改装等の模様替え、および修繕)に係る経費で、総額10万円以上から補助対象となります。補助金の額はリフォーム費用の10分の1(上限50万円)

対象外となる工事もございますので、詳細は神河町町公式ホームページでご確認ください。

西脇市家庭用創エネ省エネ設備導入奨励金

西脇市では市内に居住する方で市内の住宅に創エネ省エネ設備等を導入された個人に対し費用の一部を奨励金として交付する制度があります。(奨励金は「へその街にしわき共通商品券」により交付)受付期間は令和5年4月3日~令和6年3月29日です。

対象の設備

・エネファーム:65,000円、エコキュート:30,000円、エコジョーズ、エコフィール:20,000円 (※市外業者による設置販売の場合)

・家庭用蓄電池:50,000円

上記制度には記載した以外にも条件がございますので、詳しくは自治体ホームページをご確認ください。
加東市のエコハウス設置設備補助(令和5年)ページはこちら 
西脇市の家庭用創エネ設備導入奨励金ページ(令和5年)はこちら